セミの鳴き声にも似て、忙しなく

朝から、セミが一斉に鳴く。

うるさいし、暑苦しいし、忙しない。

それが、そのまま、日々の生活に反映されている、感じ。

日々のドタバタ劇もコロナ禍もオリンピックも

落ち着かない。

唯一、マイペ-スなのは、大谷選手かな。

 

若者世代のワクチン接種が開始されています。

真庭市も初回程、ワクチン予約環境が整っていない。

接種券番号でネット一元管理をされているようでもなく

なかなか大変ですね。

このコロナ騒動は、誰がストップをかけるのでしょうか。

切りがありませんね。

PCR検査、変異株、エンドレス、誰が考えても、そうなのに

みんなダンマリを決め込んだ。

入出国を厳重に管理できればいいのですが

グロ-バル化された社会では、難しいのでしょうね。

治療薬として、イベルメクチンの名前も挙がっていますが

素人が手に入れられるだけに、怖くて手が出せません。

それにしても

単純に駆除すれば、改善するのか、と

思ったりしました。