屋根工事 下地材の施工

「屋根工事 下地材の選択」

下地材にも種類があります

アスファルトル-フィング940又は同等以上

というのが業界の標準施工要領書にあります。

吉産では、これより上質のゴムアスル-フィングを

吉産標準としています。

「屋根工事 下地材の施工方法」

下地材の重ね、立上げ寸法が標準施工要領書にあります。

流れ方向100mm以上 桁行方向200mm以上

 

 

 

 

 

 

 

※吉産標準は、上記の通り

大棟  250mm以上 隅棟250mm以上 谷250mm以上

※吉産標準は、上記に加えて「捨て貼り」を実施します

壁際  250mm以上の立上げ

 

 

 

 

 

 

 

※吉産標準は、300mm以上の立上げ

これ等の作業は、瓦工事完了後は確認できません。

吉産では、工事途中の写真を完了後にお客様にお渡ししています。

安心の責任施工をモット-にしています。

瓦工事・屋根工事・太陽光設置工事・蓄電池設置工事